インターネットというものは生活に欠かすことのできない便利である一方で、非常に大きなリスクを伴う危険なものであるという問題を孕んでいます。それは不特定多数に対して真実があいまいな情報が発信され、ものすごい速さで拡散するというところにあります。一度拡散してしまった情報を回収して消去するということは現実的に困難であり、非常に大きな問題に発展することがあります。
この様な問題の一例として、プライバシーに関わる情報が公共の掲示板などにさらされた場合、そのサイトの管理者に通報して削除依頼を出すことができる仕組みが存在しています。これを発信者情報開示請求と言います。この様な手続きを取ることで本人の同意なしに晒されてしまった情報の削除を行うことが出来ます。しかしその範囲は掲載された掲示板の管理者の管理が行き届く範囲にとどまり、コピーによって拡散してしまった情報を一元的に消去することは誰にも出来ないのです。そのため素早い対応が必要です。
手続きは様々ですのでサイトの管理者に依頼を出すところから始めましょう。状況に応じて刑法に抵触する問題である場合もありますので速やかな削除で収束すればよし、被害が出る様であれば警察に通報するという行動も必要になるでしょう。