身に覚えのない誹謗中傷を受けた場合、その問題解決のために行動せざるを得ないことになるケースは実際に起こり得ます。その様なケースにおいては刑事責任を追及するとともに、民事訴訟によって損害賠償請求及び誹謗中傷を行っている者が配布されている事実があれば差止め請求を行うということが良い結果につながることがあります。
この様に民事訴訟に訴えることで被害の拡大を防ぐとともに、被害を受けた金額の賠償を請求することができるようになります。この様な手順は実際に多くの誹謗中傷関連のトラブルで行われている手段です。なにはともあれ、現在出ている情報が誹謗中傷であり事実ではないということを強くアピールする意図を持つことになりますので、反論がある場合は多くのケースでこの様な訴訟が起こされることになります。
一般に刑事裁判は犯罪行為に対する裁判ですが、民事では具体的に受けた存在を請求する裁判が行われることが多く、現実的な意味で保証となるのはこちらの裁判であることが多くなっています。具体的な損害額を明確にし、それを弁償するように要求する裁判を起こすことは自らの潔白をアピールする意味でも非常に有効な手段であると言えます。逆に和解は認めたという間違ったメッセージとなって伝わることもあります。